京成杯AH 予想

重賞予想

2023年9月9日(土)に行われる、京成杯AH(中山芝1600m)を予想していきます。

・予想の方針

トリッキーな中山1600mの外回りコースです。他のコースと結びつく適性があまり求められず、リピーターが強いコースになります。

よって、実績および血統から見た中山巧者を積極的に狙っていくこととします。さらに土曜日の馬場傾向から、差し馬を狙います。

このレースは、最内枠のミッキーブリランテを狙います。

現在最下位の11番人気となっておりますが、先週のユーキャンスマイルのような復活劇を期待します。

この馬が最後に馬券圏内に入ったのは、1年前のこのレースで、その際は斤量56kgでした。今回はその時より1kg増の57kg。ただ、この1kgは斤量改定の影響なので実質去年と同ハンデになります。

今年の4月に行われたダービー卿チャレンジ(中山芝1600m)では、斤量57.5kgながら1着から0.4秒差の6着と好走しています。その時の1着は斤量56kgのインダストリアで、その馬は今回58kgでの出走です。

この時の着差と、今回の斤量の逆転を考えれば、好走の可能性は十分あるのではないでしょうか。

近走はあまり先行できていませんが、最内枠を引けていますしスタートさえ決まれば好位に付けられると見ています。

もう一頭面白いところではミスニューヨーク。中山実績に反して思った以上に人気せず、このオッズなら狙い目でしょう。

タイトルとURLをコピーしました