セントライト記念 注目馬評価

重賞予想

2023年9月18日(月)に行われる、セントライト記念(中山芝2200m)を予想していきます。

・予想の方針

中山で行われる菊花賞へのトライアルレース。

去年は掲示板内の馬がその後すべて重賞で連帯しており、非常にレベルの高いレースでした。

この時期の中山は高速条件となり、コース形態はスタミナやパワーが求められるタフな条件なものの、軽い芝のためスピード能力が水準以上にないと好走することは難しいでしょう。

外回りですが、直線の長さは変わらないため、4コーナーから持続する脚を使える馬が有利です。もしくは、皐月賞でのソールオリエンスのように一瞬でギアを上げて加速する能力が必要です。

よって、高速条件にも対応できるスピード能力を持ち、かつ好位から長く良い脚を使える持続力を持つ馬を狙っていきたいと思います。

(本当は中山と相性の良いモーリス産駒で、母ルージュバックというまさにこの条件がベストになりそうなフレーヴァードを狙おうと思っていたのですが、恐らく状態が上がらない&ルメール騎手が確保できないといった理由で回避となってしまいました…)

ソールオリエンス

血統評価:S

父キタサンブラック、母父Motivator

正直、語ることはないと思いますが高速条件にも対応できるスピード能力を持ち、かつ一瞬でギアチェンジできる加速力を有しているまさに中山向きといった馬です。

父にキタサンブラック、母父はあのモンジュー産駒のMotivator、さらに母母父にレインボウクエスト産駒のクエストフォーフェイムと抜群の道悪適性には納得の重厚な血統構成となっていますが、この母の産駒は距離適性が見かけ上よりも短めになるようで、ディープとの産駒であるヴァンドギャルドは1600~1800に良績が集中しています。

父がキタサンブラックであるソールオリエンスに関しては、距離適性が少し長めに出ており、2000~2400あたりと見ていいのではないでしょうか。(なので、菊花賞では少し評価を落とす予定です)

適性云々を語る前に絶対的な能力値でこの馬に対抗できそうな相手は、今回のメンバーだとレーベンスティールくらいだと思います。

ダービー2着も位置取りの差によるクビ差ですし、皐月賞、京成杯のパフォーマンスはやはり目を見張るものがありますね。

コーナリングの課題は残っているかもしれませんが、ここは圧倒的1番人気に応えて圧勝してくれることを期待しています。

レーベンスティール

血統評価:A

父リアルスティール、母父トウカイテイオー

血統オタクとしては、5代血統表にトウカイテイオーの名前がある馬が現代競馬の最先端で走っているというだけでロマンを感じてしまいます。

トウカイテイオー(とメジロマックイーン)は現代ではもはや希少となったヘロド系の馬です。
詳しくは「三大始祖」などで検索してみてください。

リアルスティール産駒は2000mまでというイメージもあり、レーベンスティールに関してもここまですべて1800mのレースしか使っていませんが、この母系であれば距離延長の問題はないと思います。

特筆すべきはこれまでの全5戦すべてで上がり最速の脚を使っており、新馬戦ではソールオリエンスを上回る33.2秒の鬼脚を使うもクビ差で敗れています。

勝ち切れなかった3戦はすべて明確な理由がありますが、馬券圏内は外していないところを見ても、素質ではソールオリエンスに引けを取らないと思っています。

すでに菊花賞に出走可能なソールオリエンスに対し、こちらはここで出走権を勝ち取らなければならないということもあり、仕上げの本気度はこちらが勝っています。

内枠から先行し、ソールオリエンスより先に抜け出して直線凌ぎ切るという勝ちパターンも想像に難くないです。

キングズレイン

血統評価:B

父ルーラーシップ、母父ディープインパクト

ローズSの回顧でも触れようと思いますが、ルーラー×ディープの相性は凄まじいですね。
とりわけレコードが出るような超高速馬場を得意としていることが本日のレースで分かりました。

キングズレインの評価に話を戻しますと、素質は高いものがありますが、中山2200mという条件は合っているとは思えません。本質は府中の中長距離で力を発揮するタイプかなと。

ホープフルSでも一頭だけ後ろから差してきたように、中山でも使える末脚は持っていますが、ベストな条件ではないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました