【秋華賞】注目馬評価

重賞予想

予想

◎ピピオラ
〇リバティアイランド
▲ドゥアイズ
△グランベルナデット
△ヒップホップソウル
—–以下オッズとの兼ね合いで相手候補—–
△ハーパー
△コナコースト
△ドゥーラ

 今回から予想印を先に記載する形に変更したいと思います。その後、各馬の血統的評価を含めた多角的な見解を記載していきます。

 印は上記のとおりです。買い目としてはピピオラから複勝・ワイド、リバティアイランド軸の3連単流し・馬連流しを考えています。

 リバティアイランド以外の出走メンバーに関しては、ほとんど横並びといっていいレベルだと思っていて、桜花賞の2着、オークスの2,3着だった馬をそのままリバティの次点評価としてよいかは疑問です。

 前哨戦の紫苑S、ローズSに関しても、前者は極端なハイペース、後者はコース形態の違いと超高速馬場による疲労でともに勝ち馬をそのまま評価はできないと考えています。

 秋華賞のコースは2年ぶりの京都開催で、内回り2000mで行われるレース。リバティアイランドは能力の絶対値の違いからここでも圧倒的な存在ではありますが、相手候補はコース適性・距離適性を見て慎重に選んでいく必要があると考えます。

ピピオラ

血統評価:S

父モーリス、母父ダンスインザダーク

 血統構成・コース適性・距離適性・脚質から本命の印を打ちました。

 まず京都2000mで走る血統は、間違いなくディープインパクトです。これは2000mに限った話ではなく、京都コース自体がディープの庭であることは血統に明るくない競馬ファンにも知られており、改修後の京都競馬場においてもそれは同じです。

 ただ、改修前とはコーナーの角度や路盤が異なっており、全く同じ条件で考えることはできないと思っているので、改修後に行われた中長距離レースの結果に着目しました。

 結論としてはディープ産駒、またディープ直仔であるキズナ、サトノダイヤモンドの産駒が強い傾向にあり、次点でモーリスの産駒が走っていました。

 本馬は父がモーリス、母父は京都巧者ダンスインザダーク、さらに3代母にウインドインハーヘアを持っており、ディープの血は持たずとも京都コースへの適性がかなり高い配合といえます。

 前走は小倉の2000mで先行してしぶとく脚を伸ばし勝利。同レースで5着だったミッキーゴージャスが次戦で問題なく2勝クラスを勝ち上がっている通り、メンバーレベルが低かった訳ではありません。

 先行一辺倒の脚質ではなく、中団からそこそこの上がりを使える脚も持っていますので、今回8枠を引いてしまいましたがそれほどマイナスではないと考えています。むしろ、リバティより前にいるよりは、リバティの後ろで脚を溜める方が2着3着に入ってくる可能性は高いと考えていますので、着拾いの期待は高くなったと思います。

リバティアイランド

血統評価:A

父ドゥラメンテ、母父All American

 強いです。新馬戦で記録した上がり3Fタイムや、オークスで付けた着差など記録だけを見ても過去に類のないレベルの馬です。はっきり言って、穴党であれどこの馬に逆らうのは悪手かなと思います。

 血統的にもマイナス評価する部分はないです。上述のピピオラとの差別化でAを付けていますが、Sでもいいくらいです。

ドゥアイズ

血統評価:B

父ルーラーシップ、母父ディープインパクト

 血統的には可もなく不可もなくといった感じですが、これまでのレース内容を考えるとオッズ的に舐められすぎかな、と感じ美味しい1頭だと思います。

 元々速い上がりが使える馬ではないですし、前走オークスは出遅れがすべて。桜花賞は先行有利なバイアスで差して5着。特筆すべきはクイーンCで、ここの上位馬は総じてレベルが高いと思っていますが、その中で厳しい流れを先行して2着。同レースで勝ったハーパーとはタイム差なしですし、3着はモリアーナ。この2頭とのオッズ差を考えると妙味しかないです。

 速い上がりを求められない内回りに替わるのはプラスですし、好調の西村騎手への乗り替わりも面白いです。調教を見ても今までで1番動けていますし、前走崩れただけで評価を落とす必要はありません。

グランベルナデット・ヒップホップソウル

△の2頭は同じ項で書きます。

 まずはグランベルナデット。キズナ産駒で京都適性は高いと見ていますが、母系に柔らかさが足りないかなという印象で血統的にはAくらいの評価です。

 2000m内回りへの適性は高いですし、前走は休み明けで極端なハイペースを先行したのもあり度外視できます。ひと叩きされた後の上積みも今回は期待できると思っています。

 ただ、この馬は基本的に先行して強いタイプだと思っており、今回リバティより前にいる馬は早めの仕掛けで厳しい流れになるのではないかと予想しているので、△までとしました。

 次にヒップホップソウル。父キタサンブラックに、母がダンシングキイの牝系。血統からはA+くらいの評価です。

 2000mへの適性、そして一瞬の脚を持っており内回りの短い直線でも差してこれる能力を持っていると思います。前走はハイペースを先行して2着に残る強い内容でした。

 不安点としては、外枠から無理に先行にこだわって脚を使ってしまわないかという点と、今回が関西への初輸送となる点ですね。

タイトルとURLをコピーしました