【神戸新聞杯】注目馬評価

重賞予想

2023年9月24日(日)に行われる、神戸新聞杯(阪神芝2400m)を予想していきます。

<予想の方針>

3年ぶりに阪神での開催となる今回のレース。

阪神外回りの2400mというコース形態、かつ菊花賞を見据えた馬が多いため、折り合い重視でスローからの瞬発力勝負となる可能性が高いです。

過去10年で見ても、上がり最速の馬は馬券内率100%となっており、上がり2位、3位の馬の好走率も高いです。

人気馬が順当に走る傾向にありますが、今年は上位人気馬が拮抗しており、予想はかなり難しいレースとなりそうです。

阪神は雨の影響もなく、先週から引き続き高速馬場になりそうなので、軽い馬場で速い上がりを使える馬、またスローになるため、ある程度は前で運べる馬を狙っていきたいと思います。

ハーツコンチェルト

血統評価:A

父ハーツクライ、母父Unbridled’s Song

父ハーツクライに、スピード持続力に長けた米国血統を配された日本のクラシックで最も走る主流配合。

ベスト条件はまさしく日本ダービーの舞台である府中2400mで、スローな流れの中で道中位置を上げ、3着と好走した。

阪神2400は外回りコースで、右回り、左回りの違いはあれど走る馬の傾向はほとんど同じ。長い直線での瞬発力を要求される。

本馬は道中位置を上げる必要のあった先述の日本ダービー以外、すべてのレースで速い上がりを使っており、ここでも好走が見込める。

大外枠は問題ないと思っているが、一つ不安材料なのが右回りが苦手という可能性。
ただ、ホープフルSと若葉Sでの凡走は、右回りだったという理由よりも時計のかかる馬場であったことと、直線が短いコースだったということが大きいと思う。

余談ですが、母父Unbridled’s Songはコントレイルやジャックドール、現在種牡馬大成功中のスワーヴリチャードなどがおり、今後の日本競馬の血統表に長く残り続ける馬名になりそう。

ファントムシーフ

血統評価:B

父ハービンジャー、母父Medaglia d’Oro

凄まじく濃厚なクロスを持ったかなり挑戦的な配合で、生産者の意図を感じる個人的にとても好きな馬。

この馬の長所は、操縦性の高さと、長く良い脚を使える点。ルメール騎手のように、レースに応じて先行させたり、ペースが速いと見て位置を下げたりと、鞍上が優秀であればあるほど能力を発揮できる。

そういう意味だと、日本ダービーの武豊騎手の騎乗は非常に残念だった。ハーツコンチェルトの松山騎手のように道中で位置を上げていれば、もっといい競馬ができていたと思う。

正直乗り方次第で今回のレースでも勝ち負けまであると思うが、ベスト距離は1800~2000mだと思うので距離は少し長く感じる。

器用ではあるものの、決め手に欠けるところがあるので、スローでの瞬発力勝負になると分が悪いし、ダービーと同じ乗り方をすれば他の馬と同じ脚色で上がってくるだけのレースになると思う。

この馬の適性的に、毎日王冠→天皇賞秋のローテを期待していたが、ここで出走権を取れたとして、菊花賞に出走する予定はあるのだろうか…

サトノグランツ

血統評価:S

父サトノダイヤモンド、母父Oratorio

サトノダイヤモンドに、ニジンスキーのクロスを持つ重めの良血牝系の母を配された長距離向きの馬。

距離は伸びれば伸びるほど良さそうで、ここを凡走したとしても菊花賞で強く買いたい。

ただ、やはり父サトノダイヤモンドが阪神や京都の中長距離を得意としていたように、本馬にもその特徴が見られ、ここまでの3勝はすべて阪神・京都の中長距離レースで挙げている。

距離適性・コース適性は間違いなく今回のメンバーの中でも最上位といえる存在だが、エンジンのかかりが遅いタイプなので、スローの瞬発力勝負となった場合には他馬に劣る可能性がある。

それでも、今回内枠を引けたことと、ポジション意識の高い川田騎手であれば中団より前に付ける可能性が高いと思われるため、たとえ上がり最速の脚が使えなくとも、位置取りの差で勝利するイメージは湧きやすい。

ロードデルレイ

血統評価:C

ナイトインロンドン

血統評価:A

父グレーターロンドン、母父メジロマックイーン

長距離レースで3連勝中で、菊花賞に出走できれば注目したい馬。

父グレーターロンドンはマイラーで、産駒も距離が短い馬が多いが、葦毛の馬体からも分かるとおり本馬は母父メジロマックイーンが強く出ており、2600mのレースでもさらに距離が伸びても問題ない勝ちっぷりを見せた。

豊富なスタミナと持続力が持ち味で、阪神2400mのスロー瞬発力勝負にはあまりマッチしていないように見えるが、府中2400で3戦中すべて上がり最速の脚を繰り出しており、ある程度の瞬発力は保持している。

とは言え、最後方から33秒台の脚でまとめて差し切るといったことができる馬ではないので、ある程度先行して、3着までに入ってくれれば理想。

ぜひ菊花賞でレーベンスティールとの対決が見たい。

シーズンリッチ

血統評価:S

父ドゥラメンテ、母父ハーツクライ

高速決着に強いキンカメ×サンデーの配合で、特に父ドゥラメンテは阪神で強い。

本馬も毎日杯でノッキングポイントを下して勝利しているように、阪神適性は高いと見る。

スローの瞬発力でどうかだが、新潟の新馬戦では上がり3F32.4を出しており、これまであまり脚を溜める競馬をしてこなかったことで、瞬発力のある馬というイメージが無かっただけかもしれない。

この配合なら距離延長は全く問題なさそうで、むしろ短い距離の流れを経験していたことで、今回のレースでは楽に先行できると思っている。

上位馬が拮抗しており難しいレースなので、今回はこの馬から馬券を組み立てたい。

タイトルとURLをコピーしました