【日本ダービー予想】全頭評価

G1予想

 枠順発表もあったので、木曜日時点での予想を書き起こしていこうと思います。
今回は全頭評価なので、一頭ずつ評価する理由・消す理由を端的に記載していきます。

1-1 サンライズアース
 皐月賞12着で特に好転材料も見当たらないため消し。

1-2 レガレイラ
 皐月賞はジャスティンミラノから0.5秒差の6着で上がり最速。これ以降の馬に関しても、皐月賞6着までの馬はタイム差を考慮して高めの評価。スタートと位置取りに難がある馬なので内枠はマイナス。前走北村宏司からルメールに乗り替わりで過剰な人気を背負うことが予想されるが、高速時計でマイル質のレースになった皐月賞で後方から上がり最速かつ大きく崩れていない点は評価できる。順当に走れば馬券内は固い存在なので相手には買う必要があると思う。

2-3 ジューンテイク
 枠順発表まで買う予定はなかったが、内枠からのイン突きで前走の再現ができる可能性があるし、何より京都新聞杯勝ちのキズナ産駒ということで一発ありそうなにおいがしたので穴で一考。

2-4 ビザンチンドリーム
 皐月賞16着。大出遅れで競馬になっておらず、改善の兆しなし。気性難に加えて鞍上はテン乗り。新馬戦が強烈なインパクトだっただけに現状が悲しい。消し。

3-5 ダノンデサイル
 皐月賞除外になって力関係が不明。ただ、アーバンシックには先着しているし府中替わりはプラスになりそう。枠が出るまではジューンテイクよりこっちを穴で狙うつもりだったが…悩み中。

3-6 コスモキュランダ
 皐月賞2着は評価すべきだが、前走はモレイラの好騎乗に加えて舞台もベストだったと思う。今回は舞台が府中2400に替わり、鞍上もデムーロに乗り替わり。積極的には買いたくない。とはいえ、同様の思考で人気を落とすことが予想されるので抑えてもいいオッズになるかどうか。

4-7 ミスタージーティー
 皐月賞10着。新馬戦は強烈だったがその後のレースは平凡。消し。

4-8 アーバンシック
 皐月賞4着でレガレイラと同様後方から差してきた一頭。府中替わりもプラス。厩舎力で見劣るものの、レガレイラを買うならこちらも。枠を考えればこちらを上に取るのもあり。

5-9 ダノンエアズロック
 2400は長い。消し。

5-10 サンライズジパング
 皐月賞9着。特に好転材料もないため消し。

6-11 シュガークン
 シンプルに脚が遅いしステイヤーだと思う。人気先行タイプで買う要素もないので消し。

6-12 シックスペンス
 マイラー。消し。

7-13 シンエンペラー
 皐月賞5着。マイル質となった高速馬場の皐月賞においても崩れることなく掲示板を確保。相変わらず安定感がありまだ能力の底が見えない。今回は新馬戦以来の府中かつ2400への距離延長で、能力がフルに発揮されるはず。ここ3戦の中山は勝ち切れないながら一定の着順は確保しており、得意条件となるここで逆転を期待。本命◎。

7-14 ゴンバデカーブース
 マイラーなので消し。

7-15 ジャスティンミラノ
 ダービーを見据えた太め残りの仕上げで皐月賞勝利。府中2400へのコース替わりもこの馬にとってはプラス。懸念材料も挙げる程度のものはないし素直に対抗評価。

8-16 メイショウタバル
 皐月賞17着。ダービーよりは皐月賞向きだったと思うのでここでは当然消し。

8-17 ショウナンラプンタ
 舞台適性はありそうだが上位馬には能力が一枚劣る感がある。うまく乗っても馬券内まではなさそうなので消し。

8-18 エコロヴァルツ
 皐月賞7着。6着のレガレイラとは1馬身半差あるものの上がり最速で好転材料はあり。内枠を引けたら穴候補の一頭だったが、まさかの大外。気性難タイプにテン乗りの不安もあるので消し。

 以上18頭で、印が回ったのは以下。

◎シンエンペラー
○ジャスティンミラノ
▲レガレイラ
△アーバンシック
注ジューンテイク
注ダノンデサイル

 ◎の単複、◎から馬連と3連複、◎から3連単少額で馬券は検討中。

タイトルとURLをコピーしました