【京都大賞典】レース回顧

レース回顧

10/9(月)に行われた京都大賞典のレース回顧です。

以下が私の印と買い目になります。

◎プラダリア
〇ディープボンド
▲ボッケリーニ
☆アイアンバローズ

 3頭+大穴1頭に絞って見事的中。3連休中は外出しており、予想記事を書けなかったことが悔やまれますが、ドンピシャで当てることができました。

 まずは本命に挙げたプラダリアですが、京都コースを大得意とするディープインパクト産駒で、母父クロフネとの配合はレイパパレが重馬場で抜群の適性を見せています。

 本馬は昨年の青葉賞での勝利以降、重賞で常に惜しい競馬をしており、安定はしているものの勝ち切れないという印象でした。しかし逆に捉えれば、適性からは微妙に外れる条件で常に崩れない強さを見せていたとも言えます。

 今回は日本ダービー以来となる2400mという距離、かつ絶妙に切れる脚が足りないこの馬にとっては、下り坂を利用できる京都コースは完璧な条件が揃ったという感じでした。

 相手にはメンバーレベルから間違いなくここも馬券内には入ってくるだろうと踏んだディープボンド。この馬もディープ系のキズナ産駒で、京都コースは最も得意とする舞台。

 もう一頭はボッケリーニ。G2G3では常に安定した走りを見せており、特に前残りの高速馬場だった鳴尾記念を道中から捲って差し切ったのはかなりの能力の高さを感じました。父キングカメハメハも京都コースではそれなりの種牡馬成績を誇っていますが、特筆すべきは母父ダンスインザダーク。私も現役時代は見たことがないですが、種牡馬としても同馬自身も京都巧者といえる成績を残しています。

 今回は血統に重きを置いた予想で的中することができて非常に嬉しいです。また一つ競馬へのモチベーションが高まりました。今週から秋のG1シーズンが本格化、週末が今から楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました