【オールカマー】注目馬評価

重賞予想

2023年9月24日(日)に行われる、オールカマー(中山芝2200m)を予想していきます。

<予想の方針>

先週のセントライト記念と全く同じ条件で行われるこのレース。

基本は先週と同じく、高速馬場向きのスピード能力を持ち、かつ中山2200mというタフな条件にも耐えうる持続力を持つ馬を狙っていきたいです。

ただし、今週末の中山競馬場は金曜~土曜にかけて雨が降り、日曜日はむしろ時計がかかる馬場になっている可能性があります。

今の段階で馬場読みをしても仕方ないので、一旦は先週と同じ条件と仮定し評価しますが、時計がかかるかかからないかで評価がひっくり返る馬が何頭かいるので、その点は補足して記載します。

タイトルホルダー

血統評価:A馬場が渋った場合はS

父ドゥラメンテ、母父Motivator

母父Motivatorは先週走ったソールオリエンスと同様で、重厚な欧州血統を持つ母にドゥラメンテという配合はこの馬を筆頭にスターズオンアースなど、第一線で活躍する馬も多い。

不良馬場の日経賞を圧勝したとおり、渋った馬場では他馬と比較して圧倒的な能力を発揮するが、時計の速い馬場でも問題なく走る。
馬場不問で、距離適性も中~長距離と広く、豊富なスタミナと先行力を活かしてG1を3勝。このメンバーではレベルが違うと言ってもいい。

ただ、中山2200mがベストな舞台かと言われると微妙。もう少し距離があった方が良さが活きるし、あまり高速馬場になると速い上がりを使える馬に差される可能性がある。

コースはベストではないにしろ、この馬にとって最も重要なのは「楽に逃げられるか」の1点に限る。メンバーを見渡すと、この馬以外に逃げそうな馬はおらず、さらに2番枠という絶好枠を確保。

天皇賞での競争中止以来の休養明けで、鞍上も怪我から復帰しての一戦となるが、そのような不安要素を考慮しても買わないという選択肢はないように思える。

ガイアフォース

血統評価:S馬場が渋った場合はB

父キタサンブラック、母父クロフネ

母父にクロフネの入るこの馬は、今回のメンバーの中で最も高速馬場を得意とする。
※父クロフネのマリアエレーナも高速馬場を得意とするが、2200mは長いし、急坂を苦手としているので今回は取り上げない。

この馬の走る・走らないは距離ではなく馬場の状態で見分けることができる。(菊花賞だけは明らかに長かったが)

同じ条件でもセントライト記念で好走し、AJCCで凡走したのは、前者が速い時計が出る馬場だったのに対し、後者はノースブリッジが勝利するような時計のかかる馬場だったから。(冬の中山はこの時期とは違い時計がかかる)

初のマイル戦であるマイラーズCでも、いきなりの距離短縮が不安視されていたが、私は自信をもって買うことができた。

なぜなら、マイラーズCは新装京都競馬場で行われた開催2日目のレース。つまり、馬場状態の良好な高速馬場だったから。

本質的にはマイラーではなく、1800~2200mあたりがベストな馬に見えるが、続く安田記念も一流マイラーが揃う中で掲示板を確保するなど能力は高い。

今回のオールカマーは、昨年勝利したセントライト記念とほぼ同じ条件で行われるため、この馬が最も強い条件で走ることができると思う。

逃げるタイトルホルダーを見ながら先団に付け、ゴール前で躱して勝利するのを期待。現時点での本命◎

ジェラルディーナ/ノースブリッジ

血統評価:B馬場が渋った場合はA

父モーリスのこの2頭は同じような条件の時に来るイメージなので一緒に評価します。

ジェラルディーナは母ジェンティルドンナのような力強さを感じさせる馬。良血ながら重賞で活躍するには時間を要し、横山武史騎手への乗り替わりを機に覚醒した。

その後エリザベス女王杯でG1勝利、有馬記念でも3着と好走したが、近3走は馬券圏外が続いている。

この馬が走るのは馬柱を見ても明らかなとおり、非根幹距離かつパワーを要すコース。

あまり速い上がりを使えるタイプではなく、時計はかかった方が良いタイプで、いわゆる「バテ差し」を得意とする馬。

昨年のオールカマーで勝利はしているが、この時はイン有利のトラックバイアスが顕著で、2,3着の馬もこの時はトラックバイアスの恩恵で好走したものの、その後のレースでは走れていない。

先週と同様であれば高速馬場が予想されるので、この馬の評価は若干低め。

ノースブリッジも同じく、時計のかかる馬場を得意とするタイプ。

母父アドマイヤムーンの本馬は、ジェラルディーナよりは適性距離が短めで、1800~2000あたりがベストだと思う。

AJCCでの勝利は、やや時計のかかる馬場であったのと、イン追走により距離ロスなくレースを運ぶことができた岩田康誠騎手の好騎乗によるものが大きかった。

今回は外の方の枠になってしまったし、高速馬場予想なのでこの評価。

ローシャムパーク

血統評価:A

父ハービンジャー、母父キングカメハメハ

正直、一番評価が難しい馬。札幌記念とかとても強そう。
中山でも問題なく走る血統構成、ただし強く推せるほどのポイントはない。

母系は名牝ダイナカールの系統で、母レネットグルーヴはドゥラメンテと近似配合。
そこにハービンジャーだから、やはり洋芝の中距離で最も能力を発揮しそうに見える。

ノーザン生産でここまで大事に乗られてきたという印象で、同コースのセントライト記念ではガイアフォースに完敗しているが、当時からの成長を考えれば差が縮まっていてもおかしくない。

特筆すべき点はないものの、ルメール騎手ということもあり大崩れはなさそうなのでこの評価。

外枠なのは若干気になるが、先行するタイプではないので許容範囲。

エヒト

血統評価:S

父ルーラーシップ、母父ディープインパクト

今回中穴から狙うのはこの馬。6歳馬だが、今が充実期と言える走りで、前走小倉記念は58kgのハンデを背負いながら先行押し切りの横綱競馬で2と1/2馬身差で圧勝。

高速馬場への適性が高いルーラー×ディープ。同コースのAJCCでは上がり最速でノースブリッジの2着と、コースへの不安もなし。

今回テン乗りとなる菅原騎手もこの手の好位差しのできる馬は合っていそうなので、上位人気馬は強いが勝ち負けに期待。

その他の注目馬

・ゼッフィーロ

数少なくなってきたディープインパクト産駒の現役馬。本馬は前走重賞初挑戦となる目黒記念で4着となるまで、馬券率100%。その前走に関しても大幅な出遅れで最後方からの競馬になってしまったので、度外視でいい。

ほとんどのレースで上がり最速か2位をマークしており、能力は間違いなく高い。

今回中枠を取れたため、中団を追走できればあるいは。ただ、想定人気だとそこそこ人気しているようなのであまり妙味は感じない。

・マテンロウレオ

母父ブライアンズタイムに注目。ロベルトを持つ馬は中山でよく走る。
父ハーツクライというのもあり、なんとなくヒシイグアスに似たものを感じる。

3歳時はあまり活躍できなかったものの、ハーツクライ産駒らしい成長力で古馬になってからは好走続きで、京都記念の2着、大阪杯、天皇賞春での掲示板確保は高評価。

阪神内回りを得意としており、中山の成績はあまりよくないが、古馬になってからの中山金杯では斤量57.5kgを背負い0.1秒差の5着。勝ち馬ラーグルフや、フェーングロッテンがその後重賞でも好走していることを考えれば、むしろ評価できる。

タイトルホルダーを見ながら進めそうな絶好枠を引けたということもあり、想定オッズであればかなり妙味を感じる1頭。

タイトルとURLをコピーしました